勝ち方の基本
 
勝ち方の基本は「裸のキング」をチェック・メイトすること。駒が盤上の駒を全部、取ったり取られたりして、キングだけになった状態を「裸のキング」といいます。
 チェスの基本はそのまた基本として「裸のキング」をどのように攻略するかを整理して学びましょう。
 双方裸のキングどうしになったときは、どちらも相手をチェック・メイトできません。このケースがあらわれると、即座に引き分けです。(基本ルールによる。)
 「裸のキング」をメイトするのに最小限必要な兵力についてまず説明します。

1.攻め方、キングと駒一つで

  (キング+ルーク)
 攻め方に【キング+ルーク】の持ち駒があれば、必ず「裸のキング」をチェック・メイトできます。クインはルークの動きを兼ね備えてもち、ルークより強力ですから当然【キング+クイン】があればチェック・メイトできます。

  (キング+ポーン)
 【キング+ポーン】の持ち駒の時は、ポーンがクインに昇格すると、結局【キング+クイン】の基本形となりメイトできます。

  (キング+ビショップ) 
  (キング+ナイト)
 【キング+ビショップ】または【キング+ナイト】だけでは絶対に「裸のキング」をチェック・メイトできません。この二つのケースが現れると即座に引き分けです。(基本ルールによる)。
 相手キングに対する殺傷力の差により、クインおよびルークを大駒、ビショップおよびナイトを小駒といいます。


2.攻め方、キングと駒二つ

  (キング+ビショップ2つ)
  (キング+ビショップ、ナイト)
 攻め方に次の組合わせの持ち駒があれば必ず「裸のキング」をチェック・メイトできます。

  (キング+ナイト2つ)
 裸のキングに対し【キング+ナイト2つ】の組合わせでは、「現実的」にはチェック・メイトできません。次の1手でチェック・メイトできるというような特殊な局面が生じた時を除いて、このケースがあらわれた場合は引き分けを受け入れなくてはなりません。

3.裸メイト(裸のキングに対するメイト)の基本条件

 
【キング+ルーク】、【キング+ビショップ2つ】、【キング+ビショップ、ナイト】によって裸のキングの処刑を執行するためにはキングが盤隅または盤端に追い込まれた形になっていなければなりません。
 攻め方に以上の組合わせの一つ、最小限の必要兵力があれば、相手のキングを盤端、そして盤隅に必然的に追い詰める方法があり、そして必ずチェック・メイトできます。