チェスの目的

白黒二つの陣営に分かれた二人が自分の色の駒を一手ずつ交互に動かし、相手のキング(チェス駒参照)を先にチェック・メイトすることです。
チェック・メイトとは相手のキングを攻め、相手がその攻めから逃げられない状況にすることです。
一方が、チェック・メイトするとその人の勝ちとなり相手が負けとなります。
白黒いずれの側もチェック・メイトをする事ができない状態になると相手が負けとなります。
チェスの引き分けはこのほかに、
@ 相手の合意
A ステイル・メイト(キングの自由がないために、相手に次の動きが出来ない時)
B 同じ局面が三度生じた時、又は自分の動きで、三度目の同じ局面が生じる時それを自分の手番で指摘した場合
C 50手連続駒の捕獲がない時、又はポーンの動きがない時、一方が自分の手番でそれを指摘した場合。自分の手番を指してしまった場合はこの「引き分けの申し立ての権利」は一時的に消滅します。
D 時計を使うときの勝敗と引き分けの決め方は正規ルール(日本チェス規約)を参照してください。初めてチェスをなさる方には少々複雑です。よく分からない時には、競技会のスタッフに聞いて下さい。友人、家族等と気軽に楽しみたいときには常識的に判断して下さい。