ルール審議会に関する規程       
             
1978.4制定  1995.6.10改正

1. 日本チェス協会(以下JCAという)は、JCAが加盟する国際チェス連盟(以下FIDEという)の定める世界共通のチェスのルールと国際習慣に準拠して、日本国領域内における正しいチェスの普及と技術の向上を図り、国内のチェス競技の円滑な遂行と、国際舞台で活動する日本籍役員及び棋士の品性を向上し、更にJCAの権威を保持することによって日本チェス界に競技の正しい秩序のみを確立させるため下記の条項に従い、ルール審議会(この規程では以下単に審議会という)を設ける。

2. 審議会の事業

a. 全日本チェス選手権大会の年次要項の決定(財務関連を除く)
b. チェス競技ルールに限っての国内規程、国内細則の制定及び改廃
c. 国際ルール及び国際慣習の解釈に関する裁定
d. 国際ルール及び国際慣習の解釈に関するFIDEルール委員会に対する問題提起
e. 国内審判NA等の称号授与認可及びその審査
f. 国際審判IAのFIDEに対する称号授与申請及びその予備審査
g. その他、JCA諸規程または決定がルール審議会の事業として定める、裁定、審査、立規、勧告、処分決定等

3. 審議会の構成
審議会はつぎの議員によって構成される。

a. JCA会長、JCA/FIDE常任代表、JCA事務局長及びJCA事業部長
b. 日本にチェス国籍をもつ全ての国際審判IA、全てのIM
c. 代表会議もしくは会長より嘱託を受けた弁護士

4. 審議会は事務局長が随時召集する。会議の費用及び議員の参加費用、補償は事務局の負担とする。ただし、この負担は会員等からの提訴に基づき審議会の召集がやむを得ないと判断されて開催されたとき、提訴事項が不成功の場合に限り提訴人の負うところとすることができる。

5. 議長職は事務局長が執るものとし、議長が必要とするときは議題を限って意見参考人または、証人等の出席を求めることができる。

決定は原則として出席全議員の無記名単純多数決とする。ただし、2−c.d.に拘わる決定については、JCA/FIDE常任代表及び国際審判IAのみが投票権を持つ。

審議会による決定は、代表会議によってオーバールールされない。決定の公示方法は別に定める。

補則1. この規程の改定は審議会の多数決と代表会議または代表会議に替わる機能の承認を必要とする。

補則2. ルール審議会の別名をルール委員会とする。