チェス国際交流規程    (略称国際規程) 
                      1989.10.1
制定 1995.6.10改正

1. 日本チェス協会JCAは、国際チェス連盟FIDEの憲章の定める目的主旨に従いつつ国際友好と日本国内におけるチェス競技のレベルの向上を円滑に増進するため、JCAの傘下にある競技者ならびに団体が自主的に行う全ての国際交流を適切に掌握し、かつ、それを支援し国内の正規活動の一部として位置付けるため、この規程を定める。

1. この規程に定める以外の方法による類似の活動は、罰則の適用の如何に拘わらず、私的活動として黙認されることはあっても日本チェス界としてのチェス国際交流ということはしない。国際とは、二つ以上の国家を基盤とした、その公的なジョイントの形態を言う。

2.国際交流の範囲

1. チェス国際交流とは次の行為を言う。

1. FIDE加盟の外国協会に登録されている棋士(PLAYER)役員を日本に招待し、競技、セミナー、練習会、会議、懇談会などの交流を行うこと。

2. FIDE加盟の外国協会または、外国協会承認の元にある個人(自然人または団体)が招待者または引受人になり、日本からJCA承認の元に、競技者または役員を派遣して、競技、セミナー、練習会、会議、懇談会などの交流を行うこと。

2. 次の行為はFIDEの承認のある場合を除き、原則として禁止する。

1. FIDEに加盟していない協会との交流を行うこと。

2. FIDEに加盟している、いずれの協会にも登録されていない競技者、棋士・役員経験者等との交流。(註:FIDEにより、ペルソナ・ノン・グラータ=不良者=の指定を受けているものを除き、本項当該者をJCA会員として登録をすることにより、国際交流としてでなく、国内JCA公式戦に参加させることは、自由である。)

3. 次の行為は例外を設けることなく禁止する。

1. 海外交流の名称を付すか否かに拘わらず、FIDEにより制裁または除名されている外国チェス協会を持つ国、または国連により制裁されている国に属する競技者・団体等と、競技関係を持つこと。

3.承認

国際交流を行うに当たっては、実施希望者は実施の1ヶ月前までにJCAの定める書式に従いJCA事務局に届け出、助言と書面による承認とを求めなければならない。

1. JCA会長は、競技会への招待については、招待する棋士のステイタスに応じ、会場、アービター、競技形式、接待等の諸条件がふさわしいかどうか適切に助言し、計画が不適当と判断するときは、日本のチェス界の名誉を防衛するため交流としての活動の承認を拒否しなければならない。

2. JCA会長は、日本籍の競技者が海外交流競技会へ招待された場合については、招待される競技会のステイタスに応じ、日本側競技者の棋力・マナーがふさわしいかどうか冷静に判断し、不適当と判断するときは、日本のチェス界の名誉を防衛するために交流としての参加の承認を拒否しなければならない。

3. 前2項以外の国際交流についても会長は同様の義務を負う。ただし、明瞭に個人活動として判別される類似行為については、国際交流の名目を使わないことを条件に、この規程の適用を受けることなく裁量により会長はこれを黙認し、場合によって奨励、支援することができる。

1. 海外オープン競技会への日本側競技者の個人的参加(単独・グループを問わない)は、国際競技会であるか否かに拘わらず、国際交流と呼称することとしない。従ってこの規程の適用を受けない。

4. 国、またはJCAの上位組織が計画するチェス国際交流行為の振興または承認の方法については別に定める。

5. 日本国内で行われる交流競技会に国際競技会(または国際試合)と銘を打つことができるためは、オープン競技会であるか否かに拘わらず、次の要件を全て満たすことを必要とする。

a. 全ての国際チェス競技会は、本規程に定義する国際交流イベントの一形態である。従って、本規程および関連JCA規程の何れの条項にも違背しないこと。
b. FIDEの制定するところのThe Laws of Chessに厳密に従い、FIDEの諸規約、就中B Registration of International Competition 国際競技登録規約C07Tournament Rules競技会規約の全ての条項を満たすこと。
c. その競技会に、指名して招待する外国棋士役員がある時はFIDEの制定するC03Guidelines For Tournament Invitation Agreement 競技招待協定書雛形に従った文書を被招待者と各個に取り交わすこと。
1. 上記文書の最終取り交わしの作業は原則として、JCA事務局または事業部が交流責任者の費用負担に於いて行う。

6. 国際競技会(または国際試合)と銘を打たない日本国内で行われる交流競技会は、次項の場合を除き、原則としてJCA公式戦とする。従ってオープン競技会であるか否かに拘わらず次の要件を全て満たすことを必要とする。

a. 前項及びc−1.を準用すること。
b. JCA競技(会)関連諸規程にいささかも違背しないこと。

7. 日本国内で国際交流と銘打つ競技会(もしくは講習会等その他イベント)を前2項以外の形式で行う計画については、次の要件が全て満たされるものについてのみ、極めて限定された場合に限り承認される。

a. 日本チェス界の健全な発展に寄与し、日本国内外の如何なるチェスの正規組織・団体とも対立抗争の原因をもたらさないこと。
b. 競技ルール、及び競技内容等が奇をてらったものでなく、国際的ルールと習慣に基づく伝統的な形式のチェスであること。
1. ルール等の新機軸にJCAの加盟する上位組織の推薦または承認がある時はこの限りとしない。上位組織に対するこの承認の申請は、JCA事務局が実施者の費用負担に於いて行うこと。
c. 前記a.b.が遵守されることについて、日本国内のチェス活動の全てを統轄する義務を国際的に負うJCAが計画及び実施全般について掌握できるものであること。

4.届け出

1. 計画表示必須事項
交流の目的。イベント名。来日/派遣先、来日/派遣対象者氏名・国籍・チェス国籍/所属・年齢・レイティング・タイトル・段位・身分(選手・役員)引受人氏名等。期日期間。主催者/後援者。交流先外国協会または支部担当責任者氏名・地位・連絡先。交流費用負担者と負担の範囲。総責任担保者(交流責任者=一人の特定自然人)氏名等。JCAからの支援要望事項。その他、重要と思われる事項の全て。
2. 添付書類

1. 前項の各事項を表示説明する一覧書と、交流責任者の署名捺印のある企画。
2. 次の何れか。
a. 来日外国協会及び選手への招請状草稿。または、来日海外協会からの招請依頼書。
b. 派遣先海外協会からの招請状。
c. スポンサー等が予定される場合は社印のある後援(協賛)確認書。

3. JCAに対し、JCAレターヘッドによる「交流先海外協会への交流願書」等の作成を依頼する書状。(作成は有償。)

5.承認料

1. 海外交流イベント計画承認料は別に定める。海外交流イベント実施承認料の計算は来日被招請者または海外派遣者一人当たり一日を単位とし、その金額と支払い方法は別に定める。

2. JCA事務局実費を控除した承認料の余剰は、JCA選手強化基金に繰り入れられる。

3. JCA事務局または事業部が国際交流の交渉、段取り、実行、告知、報告等を必要上、または求められて行う場合については、その経費は4−1に定める総責任担保者(交流責任者)がJCAからの請求に応じて事務局または事業部に遅滞なく支払う。

6.交流責任者

1. 交流責任者はチェスの国際交流にあたって、来日被招請者または海外派遣者の交流を名目とする活動がチェス及びチェスに付帯する活動に限定される事を管理する責任を持つ。

2. 交流責任者はイベントの終了後できるだけ速やかに、JCA事務局にあて、結果等の報告書を提出しなければならない。

7.罰則

1. 次の項目に該当するものは罰則の対照となる。

A. 本規程によって正規の国際交流あるいは国際競技会(国際試合)と認められていない活動を実施し(実施しようとし)たものが、チェスの国際交流、国際対抗戦等と自ら呼称し、または他が呼称するのを黙認した場合。
B. 故意に誤った承認申請を行った場合。またはJCAの承認なく申請と異なる内容の交流を行った場合。
C. 過誤の範囲を超えて、チェスの品位を落とし、またはJCAの名誉を傷つけ回復の努力をしない場合。
D. 一般的に正規なチェス国際交流であるべきであると見られる高度の活動を本規程に基づくことなく、不正規に実施した(実施しようとした)場合。
E. A−Dに該当する活動に事情を知って参画または参加した場合。
F. その他、本規程または他の関連規程に違反した場合。

前項による罰則の対象者はルール委員会または会長の指名する特別委員会の決定により、次の罰則を受ける。

A. 警告、または改善指示。
B. 国際交流の延期、または期限付き停止、または無期限禁止。
C. 参画者、参加者の会員メリット諸資格等の一部または全部の期限付き、または無期限剥奪。
D. 会員、非会員を問わず、競技者区分からの除外。または会員除名、除名相当処分。
E. 実施団体に対する不良団体としての指定。
F. 損害金の請求。

3. 前項の罰則の適用に対する異議、抗弁の方法とその扱いについては、「会員等に対するデメリット規程」の条項が準用される。