日本チェス協会競技者規程 付則1

1.登録
2.棋士
3.アマチュア
4.プロフェッショナル
5.JCA、JCA事業部、JCAに登録・承認された
  組織・団体(以下、一括して正規団体という)の役員等

6.賞金等


 日本チェス協会競技者規程 付則2 罰則




 日本チェス協会競技者規程 付則1
                      1995.2.15制定

この付則は財団法人日本体育協会が制定した「スポーツ憲章」の規約に従い、日本チェス協会競技者規程(以下本則という。)を運用するための手続き等を定めるものである。


1.登録

1. チェス棋士(以下棋士という)・チェスプロフェッショナルまたはチェスアマチュアはJCA事務局が定める所定の書類に必要事項を記入の上、別に定める登録料を添えて所属する都市基幹クラブ連盟もしくは直接JCA事務局に提出し、登録受理されたものでなくてはならない。

2. 登録の有効期間は1年間とし、原則として年間登録料の支払いをもって更新される。年間登録料の支払の滞納は1年間だけ、宥怨されるものとするものの、その間、公式戦参加等は制限される。滞納分の清算に当たっては別に定める損害金が加算される。

3. 登録区分は本人の希望を基にJCAが審査し、認定する。

4. アマチュアから、プロフェッショナルへの登録区分の変更は、特別の報酬を設けない。その逆の場合は、原則として、条件が吟味された上、1年間の猶予期間を経た後、1回のみ承認される。登録区分の変更については、順序に関係なく、2回目から別に定める変更料の支払を必要とする。

5. チェス棋士・チェスプロフェッショナルまたは、チェスアマチュアのいずれの登録のない会員はJCAによって自動的に業余愛好者(一般愛好者)として登録される。


2.棋士

1. 棋士は選手規程によって義務づけられた、トレーニング・競技会・取材等への参加を、特殊な事情を除いて忠実に実行しなければならない。
プロフェッショナルにとっての特殊な事情とは次の場合に限られる。

イ. 事前にJCAと書面による契約で、明記されている場合。
ロ. 医師の診断書によって示される本人の健康上の理由がある場合。
ハ. 3等親以内の親族に重要な事故があった場合。
二. 学生の場合、進学進級試験の受験日から数えて15日前から終了まで。

2.

アマチュアにとってはイ−ニに加え、次の場合が特殊な事情に数えられる。
この場合、期間を示した休場届けの早期提出を必要とする。

イ.

(チェス以外の)本務とする職業・学業の遂行上、やむを得ない場合。

ロ. 社会生活上、緊要なボランティア活動をする場合。愛好会活動を除く。チェスまたは非チェスのクラブ活動に参加することは、理由の如何を問わず選手規程による義務の履行に優先しない。
ハ. 家族祭事のある場合。

3.

棋士が国外の競技会に参加することは自由とするものの、事前に及び事後に、JCAにその概要を報告しなければならない。
また、国際レイティングに関与する競技会に参加したときは自己の成績をJCAに遅滞なく報告しなければならない。


3.アマチュア

1. アマチュアはメディアから、特名取材を受ける場合、放送に出演する場合、あるいは、新聞雑誌等に寄稿する場合。事前にJCAに届け出て、承認を受けなければならない。

2. アマチュアがチェスに関する活動または名声によって得た、賞金、懸賞金、報酬は、活動参加の直接経費を除きJCA事務局が集計管理し、所定の手続きを経て、アマチュア選手強化資金に充当する。

3. アマチュアは競技会場内外に於いて、主催者の了承を受けることなく、何事の宣伝・配布・勧誘等をしてはならない。


4.プロフェッショナル

1. プロフェッショナルは、参加している競技会の期間前にJCAと書面による契約なしに、自己の名義で新聞・雑誌・テレビに寄稿してはならない。また、会場内外に於いて、何事の宣伝・営業・勧誘をしてはならない。


5.JCA、JCA事業部、JCAに登録・承認された
             組織・団体(以下、一括して正規団体という)の役員等

1. 正規団体の役員はその団体のメンバー等に対してJCAの定めた本則の周知徹底をさせるのと共に規程違反の防止に務めなければならない。また、チェスの普及と活動に於いて、如何なる場合に於いても、FIDEおよびJCAの目的とする高度のステイタスと高度の国際的普遍性、スポーツ性、科学性、芸術性を損なうことのないようつとめなければならない。

2. 正規団体が下記の競技会・イベントを開くときは予めJCAに登記されているその正規団体の代表者からJCAへの申請の後、JCAによって主催または主管の承認を受け、或いは開催を委嘱されることを、必須とする。

イ. 賞金付競技会
ロ. 冠競技会
ハ. 国際交流イベント
二. そのほかJCAが規程で特定する競技会・イベント・(競技会の名称等に関する規程参照)


6.賞金等

1. アマチュアは、JCAの諸規程に準拠する賞金または報酬つき競技会への参加を自由とするものの次の項目に該当する場合を除き、賞金または報酬等を直接受け取ることができない。

イ. 参加直接経費(エントリー費、最短交通費、期間中の標準宿泊費の合計を越えない)の補償
ロ. JCAが特に指定承認する、強化または、地方振興を目的とする競技会の賞金または本業補償金の内、アマチュアとしての限度を超えないもの。
ハ. 一時的な通常の飲食に充当するに過ぎない、過当でない金額。

2.

前条で禁止されている賞金または報酬等をそのアマチュアに代わりJCAが受け取ることには制限を設けない。
アマチュアに代わり、JCAが受け取る賞金等は次の通り配分する。

イ. JCA事業部(JCA事業部がそのアマチュアに関し過去に負担した派遣経費の110%)
ロ. JCAアマチュア強化基金(受け取った賞金等から、を引いた残額の15%)
ハ. そのアマチュアが属する連盟及びクラブ(各々受け取った賞金等から、を引いた残額の10%ずつ)
二. JCAが管理する本人口座(受け取った報酬等から、イロハを引いた残額)6−3.アマチュアはJCA事業部またはJCAの上位組織が第三者と契約した広告、出演、寄稿等の商業行為に協力することができる。この場合の、報酬等の受け取りの主体はJCA事業部とする。

3. アマチュアはJCA事業部またはJCAの上位組織が第3者と契約した広告、出演、寄稿の商業行為に協力することができる。
この場合の、報酬の受け取りの主体はJCA事業部とする。

4. 前条によりJCA事業部が受け取った報酬等の配分は次の通りとする。

イ. JCA事業部1(JCA事業部がその契約環境を整えるために要した経費の110%)
ロ. JCA事業部2(受け取った報酬等から、を引いた残額の20%)
ハ. そのアマチュアが属する連盟及びクラブ(各々受け取った賞金等から、を引いた残額の5%ずつ)
二. JCAが管理する本人口座(受け取った報酬等から、イロハを引いた残額)

5. 前項及び前々項のニに示される本人口座に残高のあるアマチュアが、各種全日本選手権、選手規程に定める競技会・トレーニング等に参加するときおよび、JCAから選手として指名されて国際選手権競技会、自由意志による国際タイトル競技会に参加するため、参加費、交通宿泊費の支出を必須とするとき、JCAは本人に対し本人口座から残高を超えない範囲で支出する。

6. 本人口座に残高のあるアマチュアがプロフェッショナルに登録区分の変更をしたとき、本人の持つ残高の清算支払を受けることができる。この支払のあった後はプロフェッショナルは再び無条件ではアマチュアに再変更の登録をすることはできない。

7. プロフェッショナルは、競技会参加によって受け取った賞金、参加報酬の内、下記に定めるTAXの合計を次の計算に基づいてJCA事業部に遅滞無く納入しなければならない。

イ. JCA海外交流基金(賞金報酬等の総額の10%)
ロ. そのプロフェッショナルが加入する棋士会(賞金報酬等の総額の5%)

JCA事業部が選手規程に基づく第三者との契約により広告、出演、被写、寄稿等プロフェッショナルが商業行為に協力したときの報酬の配分には、6−4項が適用される。

8. この付則によって定める本人口座および、JCA各種基金はJCA事務局が管理し、管理の費用は、その利息相当額をもってするものとする。本人口座の残高報告は、残高に移動のあったときのみ行う。


 日本チェス協会競技者規程 付則2 罰則
                           1995.2.15制定

1. 日本チェス協会競技者規程(以下、本則という)本則・付則を無視、逸脱ないし違反した者、または、会員等に対するデメリット規程に抵触した者、または競技者・棋士としての品位を汚し、または、著しくJCAあるいはJCAの加盟団体(上位または下位)の名誉を傷つけた者は、JCAが定める機構もしくは、JCAが定める規程により権限を持つ者の決定により、次の罰則を受ける。

イ. 会員または登録資格の剥奪。除名。
ロ. 会員または登録資格の無期限停止。
ハ. 会員または登録資格の期限付き停止。
二. 全公式競技会参加禁止。
ホ. 特定競技会参加禁止。
ヘ. 罰則金、罰則供託金の支払い。
ト. 始末書提出。その他。

2. 前条に基づく罰則により、剥奪、停止、禁止等の処分を受けた会員ないし登録棋士が再び活動を復活させるに当たっては、再び本則に違反等の行為を行わない意志を明確に表明する本人自筆の誓約書の会長宛提出を必要とする。

3. 前条について、会長は本人意思表明の担保として、信用ある第三者担保人の保証或いは/及び担保金の供託を条件としなければならない。ただし、会長が自ら担保人となる事を了承した場合はその限りとしない。

4. 日本チェス協会競技者規程 付則15−2に違反した組織・団体は、JCAによる登録・承認の有無を問わず、JCAの決定によって次の処分を受ける。

イ. 当該競技会の無期限または期限付き実施禁止。
ロ. 当該団体に所属している競技者の特定競技会(各種全日本選手権国際競技会等)への参加禁止。
ハ. JCA登録・承認の取り消し、または不良チェス団体としての指定。
二. 始末書の提出。その他。