日本チェス協会 冠競技会、講習会等承認規程
                      (略称:冠規程)  1995.6.10修正

1. 日本チェス協会JCAは公共団体、企業等のパブリックリレイション活動とタイアップして、正しいチェスの普及発展と技術の向上を目指しつつ、適切にチェスの社会的ステイタスの向上を求めることを目的に、JCAの運営または管理の元にその団体、企業等の名称もしくは商品の名称を被せて行う、チェス冠イベントの承認についてこの規程を制定する。

1. この規程に従わないチェスに関する冠イベントに対しては、JCAの掌握の外にあるが故に、JCAは正当なチェスイベントとしての地位を与える事はできず、承認しない。

1. この規程に従うことなく行われるチェスの冠イベントを実施した団体及び、その団体に所属するもの、及びその団体に属することなくイベントに事情を知って参加したものは罰則の適用を受ける。

2. チェスの全ての冠イベントの主催権はJCAにあり、開催権はJCA事業部がもつ。JCA事業部は契約によってその実施をJCAに登録された正規団体、もしくはその他の有資格者に委嘱して行うことができる。この場合委嘱を受けた者は、契約によって名義上JCAとの共催、または単独に主催を称することができる。

3. 前項の契約の条件は、JCA事業部と被委嘱者あるいはスポンサーが、それぞれ利益を損なうことなくタイアップのメリットを享受できる範囲で、交渉して定める。

4. 冠競技会を企画するもの、または開催の委嘱を希望するものは、JCA事業部との契約交渉に先立って、次の要項(ドラフト)を添えてJCAに申請する。
企画するイベントの種類と名称。主催・後援・協賛名義の希望。実施期間期日。会場。参加者対象の範囲公告の方法。招待参加かオープン参加か。委嘱希望者の準備する実施スタッフ氏名と略歴資格等。

1. 冠イベントが競技会の場合は、上記の他に賞金総額、賞品市価。その他重要事項を提示する。冠競技会はすべて、JCA公式戦(レイティング計算対象)となるため、関連規程参照。
2. JCAはドラフト提示者に対し、実施の成功可能性を高めるため、事業部による有償の助言及びドラフトの修正もしくは補強協力の受け入れを勧告することができる。この場合、勧告が受け入れられない事案についてはJCAは申請を却下することができる。
3. JCA事業部は、委嘱を求める者の提示する企画が本質的にJCA事業部の基本事業と競合または利益対立すると判断するものについては、如何なる場合にあっても「JCAとJCA事業部との提携に関する規程」の主旨に従い、JCA事業部は助言及びドラフトの修正ないし補強協力を拒否し企画の否認をJCAに通告する権利を持つ。
4. ドラフトが予備的に承認された場合、JCAは競技会の規模品質に応じて適切な経験・技能を持つ、公認審判ないし競技主任の氏名・等級・報酬表を企画者に提示し、企画者が選択してドラフトに加える。

5. 公認された冠イベントの実施、公告の期間中は、委嘱を受けたものはJCAの名称及びロゴを自由に使用することができる。

6. 承認料は別に規程で定める(諸費用に関する規程等)。参加者から参加費、入場料等を徴収する場合については、その帰属配分をJCA事業部と被委嘱者との契約で定める。

7. 罰則
1. 「国際交流規程」罰則を、その条文の内、国際交流を冠イベント、国際競技会を冠競技会等と読み変えて準用する。